• ご利用方法
  • 送料・キャンセルについて
  • お問い合わせ
  • カートを見る
  • 会社案内
  • 営業時間・地図
  • サイトマップ
  • マイページへログイン
ラッピングの資格とレッスン、講習ならラッピング協会

【ラッピング基礎知識2】/チェックポイント

ラッピングをする際にチェックとしておきたいこと

ラッピングをするのが初めてという方も中にはいらっしゃるでしょう。
ラッピングをする際には、その前にチェックしておきたいポイントがあります。
そのラッピングをする際のチェックしたいポイントを説明いたします。 


ラッピング基礎知識

中身を確認する

ラッピングをする時には、しっかりと中身を確認しましょう。
贈りたい物をラッピングしたと思ったら、間違って別の物をラッピングしていた、なんてこともあります。
そのため、しっかりと中身を確認することが大切です。

また、ラッピングをする物が単品ではなく、複数個ある場合には、その数もしっかりと確認しましょう。
自分では○個入れたつもりでも、相手に届いた時には×個しかなかったなどの入れ忘れが起きたりします。
間違いがないか、個数もしっかりと確認してください。

値札をはずす

相手に贈り物をする際、値札が付いていたりすると贈る相手に金額がわかってしまいます。
金額がわかってしまうことで、人によって不快な思いをする方もいらっしゃいます。 そのためラッピングをする時には、値札をはずすようにしましょう。

開けやすい工夫をする

ラッピングを初めてする方にありがちのは、途中でラッピングがほどけたり、開いたりしないかと不安になるでしょう。
そして、テープをたくさん貼り付けたりします。

しかしそれでは、相手の方が開けにくい事があります。
また人によっては、カワイイと思った包装紙を取っておく事がありますから、ガチガチにテープを貼ってしまっては包装紙が破ける恐れがあります

ラッピングをする際には、開けやすい工夫をしてあげてください。このような気遣いも贈り物をする際には、とても重要といえます。


以上が、ラッピングをする際にチェックしたいポイントとなります。


おすすめ基本ラッピング講習から探す


ラッピングに大切な基礎知識コラム


ページトップへ