• ご利用方法
  • 送料・キャンセルについて
  • お問い合わせ
  • カートを見る
  • 会社案内
  • 営業時間・地図
  • サイトマップ
  • マイページへログイン
 

仕事で困らない熨斗(のし)のルール

ビジネスで困らない「熨斗(のし)」のルール

ギフト・贈り物として水引と熨斗の入った「熨斗紙」を使用する機会も多くあります。今は昔と違い、印刷の熨斗紙をかけるのが一般的ですが、水引の結び方によって用いるシーンも異なります。

蝶結び(花結び)

結び目を何度でも結び直せる、という意味を持つ蝶結び(花結び)は、主にお中元やお歳暮などのご挨拶・お礼・記念行事などで使用されます。

結び切り

結び切りには、水引が紅白と黒白があります。固く結ばれていて簡単に解けない、という意味を持ち、一度きりであってほしいときに用います。紅白ではお祝い事・結婚などに使用し、黒白だと、告別式前後の御霊前や御供えなどのお悔やみ全般に使用します。

熨斗紙はすべて同じデザインに見えますが、日常の様々なシーンに対応できるよう種類も豊富にあります。ラッピングコーディネーターの資格勉強では、ラッピングの技術だけでなく、熨斗のルールなども学べます。ビジネスシーンでも困らない知識を身につけたいとき、ビジネスラッピング講習を選んでみるのもおすすめです。

お役立ちコラム

習い事でおすすめのラッピングコーディネーターのことなら【ラッピング協会】

商号 株式会社 ラッピング協会(英文社名 Wrapping association Co ltd.)
所在地 〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-52-6 折原ビル
TEL 03-6806-6915
URL https://www.wrapping-assoc.com

ページトップへ