• ご利用方法
  • 送料・キャンセルについて
  • お問い合わせ
  • カートを見る
  • 会社案内
  • 営業時間・地図
  • サイトマップ
  • マイページへログイン
 

「和紙の里」ひがしちちぶ

埼玉県,小川町,オフィス,インフォメーション


2021/11/28

ラッピング協会の桐山です。
今回は、本格的な紅葉シーズンとなっている
小川町から車で15分ほどの距離にある東秩父村・
「和紙の里ひがしちちぶ」を紹介します。


和紙の里,東秩父村,ラッピング協会プログ


東秩父村は小川町とともに、
約1,300年あるという和紙の歴史を
伝え守ってきている地域です。

このエリアの特産である細川紙の製法などが
ユネスコ無形文化遺産に登録されたのは
記憶に新しいところです。

「和紙の里ひがしちちぶ」はこうした伝統文化を
目にし体感できる和紙製造所、細川紙・紙漉家屋、
ふるさと文化伝修館、フードコート、特産品販売所、
農産物直売所などの施設があり、和紙の歴史や伝統を知る
ことができる上、和紙漉き体験もできます。
さらにフードコートやレストランで
地元の名物なども楽しむこともできます。


和紙の里,東秩父村,ラッピング協会プログ
 ▲和紙製造所の入り口。館の中で和紙漉き体験や和紙の製作器具、材料なども見ることができます。
和紙の里,東秩父村,ラッピング協会プログ
▲和紙製造所の中の様子。写真右上は東秩父村のイメージキャラ、わしのちゃん。

和紙の里,東秩父村,ラッピング協会プログ
 ▲細川紙の紙漉家屋。江戸時代の雰囲気がただよっています。いい感じです。

和紙の里,東秩父村,ラッピング協会プログ
▲中庭には日本庭園が。散策もたのしい。写真中央の茅葺屋根の家屋が細川紙紙漉家屋。

和紙の里,東秩父村,ラッピング協会プログ
▲フードコートでは、地元の名物のお焼き、岩魚の塩焼き、ジビエを使った料理などが味わえます。※写真のお肉は焼き鳥です。ジビエではありません。


和紙の里,東秩父村,ラッピング協会プログ
▲紅葉シーズンの最近では、小学生たちの遠足?で賑わっています。中庭でゆっくりとランチを楽しんでいます。

小川町周辺には、まだまだ素敵な所がたくさんあります。
これから、ちょくちょくご紹介します。

ぜひ、小川町へいらっしゃい!


By M.Kiriyama


ラッピング協会公式ブログ,ラッピングな気分,前のページへ

和紙の魔法を目の当たり 道の駅おがわまち

埼玉県,小川町,オフィス,インフォメーション

ラッピング協会の熊谷です。

今回は、先日、協会の講師の皆さんと訪れた
埼玉県伝統工芸館について少し詳しくご紹介いたします。


小川町,和紙工芸会館
▲道の駅  おがわまち

東京方面から続く国道254号線の
旧国道を小川町市街地へ入る辺りに
道の駅「おがわまち」があります。

その入り口には和紙の町らしく、
和紙で出来た服を着たおじさんが、
和紙を漉いているような感じで、
出迎えてくれます。

道の駅なので、野菜やキノコも売っています。
地元でしか味わえないキノコなども沢山販売されています。

売店を通って、奥に行くと
お食事処「麺工房かたくり」があります。

お昼時なので、昼食をとろうIN。
残念ながら、お目当てのキノコうどんは売り切れ!

ちょっと肌寒くなってきたので、
なべ焼きうどんを注文!
なんとなんと・・・大きなかき揚げがセットで付いてきました。


小川町,和紙工芸会館
注文した鍋焼きうどんです。かき揚げがすごい。


ちなみに、こちらのうどんは、
自家製粉した小川町産小麦100%使用した、
小麦の風味・甘味が噛めば噛むほどあふれ出ると言われています。
太目の麺で、無漂白で少し黒みがかっているのが特徴です。

美味しいうどんを満喫。お腹も膨れたので、
場内にある埼玉県伝統工芸館に移動です。

入館してみると、展示品に目を奪われました。
和紙も魔法にかかって・・・感動ものです。

小川町,和紙作品,展示会
小川和紙を使ったスケールの大きな作品の展示です。様々なものに活用できる和紙の素晴らしさを感じます


小川町,和紙工芸会館
和紙の優しい色合いはプラスティックやがらすなどでは出せない明かりを作り出してくれます。とにかく落ち着いた穏やかな雰囲気をかもしだしてくれます。素敵・・・。


小川町,和紙工芸会館
デイスプレーの間に現物の素材を使った和紙ができるまでの工程も解説してありました。


小川町,和紙工芸会館
この巨大羽子板・・・一度は見ても損はありませんね~凄いですよ!


小川町,和紙工芸会館
会館の中にはお買い物スペースも充実!和紙製品がいっぱいです。


講師の皆様には、ラッピング協会の小川町オフィスで
洋紙をいっぱいお買い求めいただきましたが、
和紙は別腹?
また、沢山お買い物されていました。


小川町,和紙工芸会館
会館内では11/3~百鬼丸の妖怪画展を開催中です。ちょっと不気味!

埼玉県伝統工芸館を楽しんだ後は、
伝統工芸会館のすぐ近くにある久保製紙様へ。

午前中にお電話して
見学したい旨お伝えしていたら、
「今日は紙すきの日では無いですよ~」
とお伺いしていたのに、
急遽・・・紙すきを実演してくださいました。
小川町の方々は、本当にみなさん優しい!


小川和紙,紙漉き,久保製紙
紙すきの様子。


初めてこんな紙すきの様子を見せてもらった
「~感動!!~」
そういって皆さん喜んでくださいました。

こちらの久保紙業様は、
モダン和風のテキスト制作の際に
お世話になった工房です。
その際は本当にありがとうございました。

また、お伺いさせてください。
宜しくお願いいたします。

皆さまも小川町の近くにお越しの際は、
ぜひ、埼玉県伝統工芸館と久保紙業様に
足を運んでみてくださいね。

By Y.kumagai


ラッピング協会公式ブログ,ラッピングな気分,前のページへ



久しぶりのお祭り??

埼玉県,小川町,オフィス,インフォメーション


こんにちは、
ラッピング協会の桐山です。

新型コロナウイルス感染防止のため
行われていなかったイベントが
11月3日、小川町で開催されました。

小川町商工会が主催する
「第43回小川町商工祭2021」です。
もちろん、野外でのイベントです。

小川町,商工会,お祭り

まだまだ感染予防をしながらの
イベントですが、久しぶりお祭りなので
テンションが上がりました。

そのせいで、
写真を撮るのを忘れてしまったりと・・・
でも野外でのイベントは気持ちのいい物です。

屋台で食べ物を買って食べるのは、
本当に久しぶり。
何を食べてもすごく美味しく感じます。
きっと会場に集まった皆さんも
同じ感覚なのでしょうね。

イベント会場で、小川町に来て初めて食べた
名物の小川町コロッケのお店が出店していました。

あいにく長い列があったので
買うことができませんでしたが、
今度、お店に出向いてコロッケを
また購入したいと思います。

とても美味しいカレーコロッケなので
近々紹介したいと思います。

By M.Kiriyama


ラッピング協会公式ブログ,ラッピングな気分,前のページへ


小川町は秋の味覚でいっぱい


こんにちは! ラッピング協会の桐山です。


7月〜9月中、埼玉小川町オフィスの開設で、

忙しくしているうちに10月となってしまいました。

これから協会の関連の方々が

お越しになる機会が多くなると思います。

そこで小川町の魅力などを紹介することにしました。

でもどこが小川町の魅力?

景色がいい、小京都の雰囲気・・・? う〜ん 抽出が難しい。


そうだ! ちょっと田舎の小川町ならではの都会では感じられない

四季を感じられるところに注目だ!


ということで、これからは身近に季節を感じられる

物やイベントなどをピックアップしていきます。

まず、地元の農園仲間からいただいた

秋の味覚を写真中心にご紹介します。


くり,栗,がら,秋の味覚


秋の味覚いえば栗。

殻の緑の栗を間近で見るのは初めて

なんか可愛らしいです。


小川町,地元,お菓子


栗を見ていたら、ちょっとお菓子が気になりだし、

協会の横の和菓子屋さんで本栗ようかんを購入。

食す前に、熊谷チーフにラッピングしてもらいました。

和紙で包むと、不思議と立派な贈り物に見えてきます。

「ふ・し・ぎ」です。


モンブラン,スイーツ,ラッピング


それでは洋物のスイーツではどうだろうと、

近くの小川発祥のヤオコー(大型スーパー)のお菓子コーナーで

モンブランを購入。

これもまたラッピングしてもらいました。

これもまたイカしている。

少しラッピングを解いて食べづらくなりましたが・・・



かき,柿,秋の味覚


農園仲間の栽培している柿の木、もう実が真っ赤。

食べ頃です。秋ですね。


かき,柿,秋の味覚


オーガニックで育った柿の実です。美味しかったです。

さすがに、熊谷チーフにこれはラッピングしてもらいづらかったので、

胃袋に直行しました。

皆様が小川町オフィスにいらっしゃる時に

タイミングがあえば、季節の野菜などを

差し上げられることもありそうです。


ぜひ、小川町へいらっしゃい


BY M.kiriyama


埼玉県,小川町,オフィス,インフォメーション

ページトップへ