• ご利用方法
  • 送料・キャンセルについて
  • お問い合わせ
  • カートを見る
  • 会社案内
  • 営業時間・地図
  • サイトマップ
  • マイページへログイン

ギフトラッピング講習検索  スイーツラッピング講習検索  和風ラッピング講習検索

モダン和風ラッピング講習検索  フラワーラッピング講習検索  エレガンスラッピング講習検索

デコレーションラッピング講習検索  ビジネスラッピング講習検索  ラッピングカルチャー教室日暮里の講習検索

ラッピングコーディネーターの需要

モダン和風ラッピングマニュアル

世の中には様々な資格がありますが、資格は就職の際に強い武器となります。その資格のひとつとしてラッピング協会が提供するラッピングコーディネーターという資格がありますが、気になるのがその需要だと思います。ここでは、ラッピングコーディネーターの需要についてご紹介いたします。

現在の需要

日本は古くから「贈り物」の習慣が根付いているため、現在のラッピングコーディネーターの需要は非常に高いといえます。お中元やお歳暮、バレンタインやホワイトデーになると需要が高まる傾向がありますが、これはいわば一年を通して需要が高いということです。
例えば、1月はお年賀を用意する必要があり、2月はバレンタイン、3月はホワイトデー、4月は入学・就職祝い、5月は母の日、6月は父の日といったように、毎月のように贈り物を用意するシーンが訪れます。
これらに加え、誕生日やカップル・夫婦の記念日を考慮すると、さらにプレゼントを贈るシーンが多くなります。贈り物となる品を提供するお店側からすると、ラッピングを専門とするラッピングコーディネーターは、一年を通して欲しい人材なのです。

将来的にはどうか

資格や業界を語る上で「将来性」は度外視できません。結論からいえば、ラッピングコーディネーターは高い将来性を持っているといえます。それは、日本古来の「贈り物」の習慣が根付いていることや、一年を通してプレゼントを贈るシーンが多く訪れるためです。
また、近年では日本のラッピング技術が世界中から注目されており、日本特有のラッピング技術が海外でも重宝される日が来るかもしれません。いずれにしても、ラッピング技術が衰退し需要が小さくなるということは考えにくいといえます。このことから、ラッピングコーディネーターという資格は、高い伸び代を持ちながらも安定した需要を持つ資格といえます。

このように、ラッピングコーディネーターは就職にも強いですが、趣味として取得する方も多くいらっしゃいます。興味がある方は、一度資格講座の受講を検討なさってください。

ラッピング協会では、ギフトラッピング、フラワーラッピング、スイーツラッピング、モダン和風ラッピングなど様々なラッピング講座をご用意しております。これらの講座は東京をはじめ、大阪、名古屋、福岡、札幌といった地域で開催しておりますので、近くのエリアにお住まいの方はお気軽にご参加ください。
ラッピング講座に参加したい方、ラッピング教室を開くためにコーディネーター資格が取りたいという方、講座に関するお問い合わせはお気軽にラッピング協会までお寄せください。

ページトップへ