• ご利用方法
  • 送料・キャンセルについて
  • お問い合わせ
  • カートを見る
  • 会社案内
  • 営業時間・地図
  • サイトマップ
  • マイページへログイン

ラッピングコーディネーター資格取得講習とスキルアップ講習の検索

ギフトラッピング講習  スイーツラッピング講習  和風ラッピング講習

モダン和風ラッピング講習  フラワーラッピング講習  エレガンスラッピング講習

デコレーションラッピング講習  ビジネスラッピング,アイコン  ラッピングカルチャー教室日暮里

ラッピングの資格取得がおすすめの理由

ラッピング・マニュアル

資格と検定を同様に考えられる方が多いようです。簡潔にいえば、弁護士さんは弁護士資格取得がなければ仕事ができませんが、簿記検定に合格していなくても経理の仕事に付くことができます。このように資格は取得していなければ就けない仕事があるということです。そこが資格と検定の違いといえます。資格はなるべく多く持っていた方が良いとよく言われます。中でもおすすめなのが「ラッピングコーディネーター資格」です。

ここでは、そのラッピングコーディネーター資格がおすすめの理由をご紹介します。

合格率が高い

ラッピング協会のコーディネーター資格取得試験を受けるにあたり、ラッピング資格取得試験対策の勉強をどうしたらよいのか分からないケースがあると思います。そうしたことを考えると、ついおっくうになったり、諦めてしまったりすることがあるようです。でもご安心くださいラッピング協会の資格認定は、「できるまで」「分かるまで」講師がレッスンするので100%合格です。資格を取得しようとした皆様の努力が報われます。

一般の検定の中には難易度が高く、何度もチャレンジしたり、多くの勉強時間を費やしたりしないといけないものもあります。そうした種類の検定に比べ、ラッピング協会の資格認定試験は通常の仕事の空き時間に勉強したり、講座を受けたりすることで合格できるのでおすすめです。

楽しみながら学べる

ラッピングコーディネーター資格は、プレゼントをより良く見せるための技術を身につけたり、卓越したラッピング技術やその素晴らしさ、そしてラッピングに関する知識を多くの人に伝えることができる人材であることを当協会が認めた資格です。ラッピングについての様々な知識や技術を習得できるラッピングコーディネーター資格取得のための講座は、楽しみながら受けることができます。熟練した優しい講師の指導でラッピングに興味がある方にとって「楽しく・充実した時間」を過ごしながら学べる内容なのでおすすめです。

様々な仕事で活かせる

ラッピング講座で身につけた技術は、様々な仕事先で活かすことができます。自分のお店を開業させる場合はもちろん、雑貨屋やスイーツ店、デパートなどで働く場合でもそのラッピング技術を活かすことができるでしょう。

履歴書に載せられる

ラッピングコーディネーター資格を取れば、履歴書に載せることができます。もちろんラッピングを「趣味」の欄に載せることで、書類審査や面接試験の際、試験官の目に留まり興味を持ってもらえる可能性が高くなります。様々な資格を持っていたり検定を受けていたりすることは、向上心があると判断されるでしょう。

プライベートでも活用できる

ラッピングコーディネーター資格取得のための講座で習得した技術は、普段の生活の中でも活かせます。家族や友人にプレゼントを贈る際や、どこかへ手土産を持って訪問する際にひと工夫したラッピングで、相手を喜ばせることができるでしょう。

ラッピング協会では、ラッピング資格認定(ラッピングコーディネーター資格)に対応したラッピングレッスンや講座を開いております。全国各地で行っていますので、興味のある方はお気軽にお申し込みやお問い合わせください。

集客に役立つラッピング資格

スイーツ・ラッピング

ラッピングの資格(ラッピングコーディネーター資格)はこれから開業する方にとても役立つ資格です。雑貨屋やスイーツ店、酒店、洋服屋など様々な仕事場でラッピング資格が活かせます。またラッピング資格を活かすことにより、集客も期待できます。

ギフトのお店として定着

人に贈り物をする際、中身も大切ですがラッピングによる見栄えも重要視されます。誕生日プレゼントやクリスマスプレゼント、記念日のプレゼントなどもそうですが、訪問する際のちょっとした手土産も、見た瞬間にもらう側が嬉しくなるような贈り物をしたいものです。

ラッピング資格取得講座で得た技術を活かし、おしゃれなラッピングをすることで、「ギフトを買うならあのお店」と定着するようになることが期待できます。また、「あのお店はラッピングがかわいく、おしゃれ」と話題になることも期待できます。それがクチコミとなり、宣伝効果にもなるでしょう。

資格を持っていることで信頼性が高まる

資格とは一定の技術や知識を保証するものです。ラッピング資格を持っているということで、お店への信頼性が高まります。

センスを買われる

ラッピング資格の技術を活かすことにより、「あのお店はセンスがいい」と認められるでしょう。お店のセンスは、ちょっとしたところでも評価されるものです。お店に来たことがない方でも、プレゼントにもらったものが素敵なラッピングをされていれば、置いてあるものもセンスがいいのだろうと思うはずです。

競合店との差別化が図れる

競合店が周りにある場合、「今回はギフト用のものを買いたいから、素敵なラッピングをしてくれるあの店にしよう」とお客様が選んでくれる可能性が高くなります。素敵なラッピングはお店側から提供されるサービスとして高い評価を得て、差別化を図ることができるでしょう。

ラッピング協会では、このようにお店の集客にも役立つラッピング資格取得のための講習会を行っております。東京をはじめ、大阪、名古屋、広島、福岡、仙台、札幌、金沢など全国各地でラッピング講習会を開催しておりますので、興味のある方はラッピング協会のサイトからお申し込みいただくか、ラッピング協会までご連絡ください。

ラッピングコーディネーターの資格を活かした仕事

ラッピング・マニュアル

プライベートでも自分のスキルアップのためにも役立つ資格を取りたい方におすすめしたいのが、「ラッピングコーディネーター資格」です。ラッピングコーディネーター試験に合格すれば、資格を活かした仕事をすることができます。では、どんな仕事に活かすことができるのでしょうか。

自分のお店に活かす

スイーツ店や雑貨屋、酒屋、服屋、アクセサリーショップなど、様々なお店でラッピングコーディネーターの技術は活かせます。美味しいスイーツをスイーツラッピングでかわいく包めば、さらに商品価値を上げることができ、他のお店とは違うオリジナリティを出すことができます。

また、持ち込みの商品をラッピングするというサービスも行えます。ラッピングコーディネーターの資格が高い技術力を証明してくれるので、顧客獲得にも繋がるでしょう。

デパートなどの包装担当として

デパートでは素早くきれいに包装する技術が必要とされます。ギフトラッピングコーディネーターとして、効率の良い仕事ができるはずです。それはデパートのサービス向上にも繋がり、売り上げに貢献できるでしょう。

企業に対して講習会を開く

企業にとってのラッピングの重要性、またラッピングにはどんなものがあるかなどの講習会を開くことも可能です。各企業に向け、ラッピング方法のレクチャーやラッピング方法の提案なども行い、企業の成長のために役立てることができます。

個人でラッピング教室を開く

主婦の習い事は最近人気を集めており、自分らしくラッピングしてみたいという方たちを対象にしたラッピング教室も人気です。自宅でも教室を開くことができるため、他の仕事との兼業もできます。また定年がない仕事なので長く続けられる上、ラッピングコーディネーターの技術を活かせる仕事としておすすめです。

このように様々な仕事に活かせるラッピングコーディネーターの資格、いまこそ取得してみませんか。詳細を知りたい方、ラッピングコーディネーター講習を受けたい方、お問い合わせはお気軽にラッピング協会までご連絡ください。

自宅教室を開く際のポイント

ラッピング

ラッピング協会では、様々なTPOに合わせたラッピング講座をご用意しています。ラッピングコーディネーターの指導者養成のための講習もあり、自宅でラッピング教室を開きたいと考えている方におすすめです。

ここでは自宅でラッピング教室を開く際のポイントをいくつかご紹介します。

家族の同意を得る

自宅を仕事場に使うので、当然家族の同意が必要になります。教室に使うのはいつも自分しかいない時間だからといって、きちんと同意を得ずに進めてしまうと、いざ始めようとした時に家族間で問題になり開校できなくなってしまう可能性もあります。自宅に他人を入れたくないという考えの方もいるので、きちんと話し合いましょう。

オンとオフの切り替えをする

自宅を使って教室を開くと、なかなか頭が仕事モードから戻らない場合があります。家族がいる場合、教室のための準備や後片付けにばかり時間をさいてしまい、家事がおろそかになる方もいらっしゃいます。

家族から不満が出ることもあるので、しっかり仕事とプライベートのオン・オフをしましょう。オン・オフをしっかりしなければいけない理由は、家族との問題だけではありません。自分が楽しくラッピング教室を行っていくためにも、仕事とプライベートの切り替えは大切です。

どのくらいの規模で行うのか決める

ラッピング教室を行うにあたり、どれくらいの生徒の人数を対象にするのかを決めます。それにより、用意するラッピング用品の量も変わります。

どのような方を対象とするのかを決める

プライベートでラッピングを楽しみたい方を対象とするのか、または仕事に活かせるようなラッピングを習得したいというお店を持つ方を対象とするのかを決め、それに合った内容を考えます。お店の方対象であれば、その業種によっても内容は変わってくるので、募集をかける際にわかりやすい講習名にすると良いでしょう。

ここに挙げたのは一部のポイントです。ラッピング協会で行っているラッピングコーディネーター講座では、自宅でラッピング教室を開きたいという方のサポートも行っております。

高度なラッピング技術を持ち、様々なノウハウを持ったコーディネーターが、東京をはじめ各地でラッピング講座を開いています。ラッピング講座に参加したい、ラッピング教室を開くためにコーディネーター資格が取りたいという方は、お問い合わせはお気軽にラッピング協会までご連絡ください。

ラッピングで素敵なギフトを演出

ラッピングはギフトにとって単なる包装というわけではありません。ギフトがどれだけ喜ばれるかは、外見による部分も大きいのです。

第一印象は大事

就職試験で第一印象がとても大事だと考えている方は多いと思います。最近では履歴書に添付する写真を、写真スタジオで撮影するのが当たり前になってきました。第一印象が重要という点では、人もギフトも実は同じことが言えます。

例えば、お食事券をいただく機会があったとした時に、茶封筒に入った状態で渡されるのとギフトラッピングされた状態で渡されるのとでは、どちらがギフトに対する期待感を煽られるか想像しやすいのではないでしょうか?

期待感を持たせる

最近はフラワーラッピングやモダン和風ラッピングなど、色々な素材や方法を使ったラッピングのテクニックがあります。ギフトをもらう側の正直な気持ちとして、外身が豪華であればあるほど中身に対して「何が入っているのだろう?」という期待感が高まるものです。また、それだけ相手が喜ばせようとしてくれているという気持ちが伝わるものでもあるため、どれだけ相手のことを考えて時間をかけたのかを伝える指標でもあるのです。

ラッピングは演出です

ラッピングは包装することによって喜ばれるギフトを、贈るための演出方法です。そのため、最近ではあえて中身を見せるラッピング方法もあります。例えば、スイーツラッピングは人が口にするものを贈るということもあって、包装用の袋も透明なものが数多くあります。シンプルになりやすいけれども包装用資材の素材やリボンの特性を上手く生かすラッピングをすることで、プレゼントとして高級なイメージや、「美味しそうだ」という期待感を持たせる演出ができます。

ラッピング

ラッピング協会では、ラッピングコーディネーターの資格取得サポートを行っています。オリジナルに発行しているギフトラッピングコーディネーター、スイーツラッピングコーディネーター、モダン和風ラッピングコーディネーター、フラワーラッピングコーディネーターのテキストには、様々なラッピングのコツやアイデアを網羅していますので、喜ばれるギフトの演出にぜひ活かしてみてください。各種ラッピングコーディネーターはスキルアップや開業にもつながる資格の1つです。

ネットショップ運営を成功させるためには

インターネットの普及もあり、今では数多くのネットショップがあります。しかし、ネットショップを開業できても運営は難しいものです。ネットショップの運営を成功させるためにはどういったことが必要なのでしょうか。

メールの送信を怠らない

商品の注文が入ったときや入金が確認できたときは、お客様へのメールは忘れずに行いたいものです。注文しても何も返答がないと、本当に注文できたか心配になりますし、入金した後もメールなど連絡がないと、きちんと入金されたのか不安になってしまいます。
店舗とは違いネットショップは店舗運営者の顔が見えません。だからこそ、お客様への頻繁な連絡が大切になります。注文後や入金後、すぐショップからメールが入ってくれば、お客様も安心できますし信頼してもらえます。

在庫管理は徹底的に

せっかく注文をいただいたのに、在庫がなかったら商品が発送できませんし、お客様からの信頼も失ってしまいます。ネットショップの運営は、メールの対応や梱包、商品の発送などすべて行わなければなりません。
また、1日に何十件も注文が入ってくると、余計に忙しくなってしまいます。そのようなときに在庫管理が不十分だと、在庫切れなど思わぬトラブルを引き起こす恐れがあります。受注管理ソフトを取り入れるなどをして、在庫管理は徹底的に行うことが大切です。

丁寧なラッピング技術

ネットショップでは、食品や洋服、家電製品、本などたくさんの品が販売されていますが、中には大切な人へ贈るプレゼントを購入する方もいます。プレゼント用として購入した商品にはラッピングをしてもらうと助かりますが、綺麗にラッピングされていないとせっかくの贈り物も台無しになってしまいます。しかし、ラッピング資格の技術を身につけて丁寧なラッピングができれば、ショップを利用していただいたお客様も喜んでくれるはずですし、また利用したいと思っていただけます。

ラッピング協会では、ラッピングコーディネーター検定試験向けの講座を開講しています。ラッピング資格認定を受ける理由は、「ラッピングの腕を磨きたい」「仕事で必要」など様々ありますが、ラッピングコーディネーターの資格取得は、ネット開業される方にとっても役立つスキルとなります。全国各地でラッピングコーディネーター認定試験対応の講座を開いていますので、ぜひこの機会にお近くの講座へご参加ください。

自宅教室を開く際の生徒募集について

フラワーラッピング・テキスト

自分の学んできたスキルを活かし、自宅教室を開く方が増えています。その夢を叶えるために、着々と準備に取り組んでいる方もいらっしゃると思いますが、無事に教室を開けたとしても生徒が集まらなければ続けることは厳しいです。そこで、こちらでは生徒募集の方法についてご紹介いたします。

SNS

スマートフォンの普及に伴い、SNSの利用者は急増しています。SNSとは「Social Networking Service」の略で、友人や知人とのつながりを促進させるコミュニティ型のWebサイトになります。特に、FacebookやLINE、Twitterの利用者は沢山いらっしゃいます。
例えば、Facebookにラッピング教室用のページを作るとしましょう。仲の良い友人や知人に情報を発信し、さらにページをシェアしていただければ、より幅広く情報を拡散することができます。近年、SNSを利用して情報発信を行っている企業も増えておりますので、ぜひ活用することをおすすめします。

ブログ

SNSと共におすすめなのがブログです。初心者の方には一見難しそうに感じますが、予め決められたテンプレートに従ってテキスト文書を作成するだけなので、簡単にご利用いただけます。
また、ブログはHTMLやプログラミングなどの専門的な知識を必要としないため、自由に記事を投稿することが可能です。さらに、ブログとSNSを連動させるとより宣伝効果も高まりますし、地域限定のブログポータルサイトを利用すると近い地域の方々に呼びかけることができます。

新聞広告やフライヤー

SNS・ブログはインターネットを通して行う方法ですが、新聞広告やフライヤーの宣伝効果も高いです。新聞広告に関しては幅広い世代の方を呼び込むことができますし、フライヤーを作ると道行く人々に情報をお届けすることが可能です。

ラッピング協会は東京本部を中心に、全国各地でラッピング講習会を開催しております。ギフトラッピング・コーディネーターをはじめ、スイーツラッピング・コーディネーター、フラワーラッピング・コーディネーターなど、様々なラッピング講習をご用意しておりますので、本格的にラッピング技術を学びたい皆様にはおすすめです。
また、ラッピング資格の認定講習を通し「趣味が充実した」「仕事のスキルアップになった」と嬉しい声を多くいただいております。指導者養成クラスを修了すると、自宅教室を開講することも可能なので、ラッピング資格を取得したい方はお気軽にお問い合わせください。

ラッピングコーディネーターと相性が良い資格

ラッピングコーディネーターはラッピングを専門とする資格ですが、他の資格と併用することで、さらに大きな力を発揮することができます。ここでは、ラッピングコーディネーターと相性が良い資格についてご紹介いたします。

フラワーに関する資格

フラワーアレンジやフラワーラッピングといった資格は、お花本来の美しさを引き出す華やかな資格です。お花はその美しさから贈り物の代表とされていますが、これらの資格を持っておくことで、さらに相手を喜ばせることができます。
フラワーラッピングの資格を取得することでお花に対する理解が深まりますが、ひとつひとつのお花を理解することで、それぞれのお花に合ったラッピングを施すことが可能となります。お花屋さんをはじめとするお店で活用できるのはもちろん、プライベートでお花を贈る際にも重宝するスキルです。

スイーツに関する資格

スイーツに関する資格は、スイーツデコやスイーツラッピングコーディネーターなどがあります。スイーツデコとは、その名の通りお菓子のデコレーションを専門とする資格です。
現在、お菓子作りがお好きな女性を筆頭に人気を集めています。スイーツラッピングコーディネーターはラッピング協会が用意している資格であり、スイーツのラッピングを専門とする資格です。この二つを取得しておけば、バレンタインデーの本命チョコや友チョコを可愛く仕上げられますし、スイーツ専門店でも活かすことができます。

販売士

接客やマーケティングに関する資格として名高いのが販売士です。販売士は幅広い業界で重宝されている資格で、百貨店やお花屋さん、アクセサリーショップなどでも活躍できます。販売士の資格を持ち、ラッピングの専門的な知識を兼ね備えていれば、お店では欠かせない存在となるかもしれません。また、将来的に自分のお店を持ちたいと考えているのであれば、販売士の資格を取得することで必要な知識を身につけることができます。

ラッピング協会では、ギフトラッピングコーディネーターやスイーツラッピングの資格講座を開講しております。東京・大阪・名古屋・広島・福岡といった様々なエリアで開講しておりますので、奮ってご参加ください。

ラッピングコーディネーターの需要

モダン和風ラッピングマニュアル

世の中には様々な資格がありますが、資格は就職の際に強い武器となります。その資格のひとつとしてラッピング協会が提供するラッピングコーディネーターという資格がありますが、気になるのがその需要だと思います。ここでは、ラッピングコーディネーターの需要についてご紹介いたします。

現在の需要

日本は古くから「贈り物」の習慣が根付いているため、現在のラッピングコーディネーターの需要は非常に高いといえます。お中元やお歳暮、バレンタインやホワイトデーになると需要が高まる傾向がありますが、これはいわば一年を通して需要が高いということです。
例えば、1月はお年賀を用意する必要があり、2月はバレンタイン、3月はホワイトデー、4月は入学・就職祝い、5月は母の日、6月は父の日といったように、毎月のように贈り物を用意するシーンが訪れます。
これらに加え、誕生日やカップル・夫婦の記念日を考慮すると、さらにプレゼントを贈るシーンが多くなります。贈り物となる品を提供するお店側からすると、ラッピングを専門とするラッピングコーディネーターは、一年を通して欲しい人材なのです。

将来的にはどうか

資格や業界を語る上で「将来性」は度外視できません。結論からいえば、ラッピングコーディネーターは高い将来性を持っているといえます。それは、日本古来の「贈り物」の習慣が根付いていることや、一年を通してプレゼントを贈るシーンが多く訪れるためです。
また、近年では日本のラッピング技術が世界中から注目されており、日本特有のラッピング技術が海外でも重宝される日が来るかもしれません。いずれにしても、ラッピング技術が衰退し需要が小さくなるということは考えにくいといえます。このことから、ラッピングコーディネーターという資格は、高い伸び代を持ちながらも安定した需要を持つ資格といえます。

このように、ラッピングコーディネーターは就職にも強いですが、趣味として取得する方も多くいらっしゃいます。興味がある方は、一度資格講座の受講を検討なさってください。

ラッピング協会では、ギフトラッピング、フラワーラッピング、スイーツラッピング、モダン和風ラッピングなど様々なラッピング講座をご用意しております。これらの講座は東京をはじめ、大阪、名古屋、福岡、札幌といった地域で開催しておりますので、近くのエリアにお住まいの方はお気軽にご参加ください。
ラッピング講座に参加したい方、ラッピング教室を開くためにコーディネーター資格が取りたいという方、講座に関するお問い合わせはお気軽にラッピング協会までお寄せください。

ラッピングの役割とは

贈り物を贈る際、ラッピングは欠かせないものです。ラッピングひとつで印象が大きく変わってしまうため、ラッピングに対するこだわりが強い方も多いのではないでしょうか。ラッピングの役割といえば「プレゼントの印象を良くする」というイメージが強いですが、それだけではありません。

ラッピングの本来の役割

日本では古くから贈り物の文化が根付いていますが、ラッピングの本来の役割はご存知でしょうか。オシャレで華やかなイメージが強いラッピングは、本来は品物を傷や汚れから守るためのものでした。
日本は昔から「神様へのお供え」が行われていましたが、お供え物は直に置くと汚れてしまうため、敷物を敷き、上にはホコリよけを被せて扱っていました。これこそがラッピングの原点なのですが、時代が流れるに連れてラッピングの役割も変わったのです。
なお、日本のラッピング技術は世界的に見てトップクラスの美しさとされていますが、それは古来より伝わる日本特有の「心遣い」があるからかもしれません。

贈る側の感謝を表す

贈答する理由は人それぞれですが、ラッピングは「感謝の気持ちを表す」という役割も持っています。例えば、ラッピングにおいては色の組み合わせが重要視されていますが、組み合わせ方によっては感謝の気持ちを強調させることができます。感謝の意を表すのに適している色は「緑」なので、緑のラッピング用紙やリボンを取りいれることで、感謝の気持ちがこもったラッピングができ上がります。
なお、緑は色の系統でいえば寒色系に該当するので、青やグレーなど同系統の色と相性が抜群です。ピンクや赤と比べると落ち着いた仕上がりになりますが、父の日や母の日、敬老の日など、日頃の感謝を込める場合には最適です。

ラッピング協会では、ラッピングに欠かせない包装紙やリボン、ラッピング協会のオリジナル書籍をご用意しております。オリジナル書籍では、ギフトラッピングやエレガンスラッピング、スイーツラッピングなど、様々なラッピングのコツやアイデアを掲載しておりますので、喜ばれるギフトの演出にぜひ活かしてみてください。

ページトップへ